北上済生会病院

  • 0197-64-7722
  • メールでのお問い合わせ
文字サイズ

各診療科のご案内

血管外科

2020年4月に着任いたしました。このたび、血管外科にシャント(※)の専門外来を開設いたしました。 透析医療の進歩とともに、透析患者様の予後も改善しています。シャントは透析患者様の命綱です。しかしながら、シャントの再造設には限りがあります。定期健診(シャントメンテナンス)により、大切なシャントをできるだけ長期にかつ快適に維持できるようにお手伝いをさせていただきたいと考えております。 当科ではシャントに関しての総合診療(1.診断 2.血管内治療 3.手術)を行っております。    

 

1. 診断

シャントメンテナンスにより、患者様に安心して透析医療を継続していただきたいと思っております。透析に支障をきたすシャントトラブル、ましてや閉塞にいたっては、何とか未然に回避したいものです。しかしながら、過剰な治療も患者様の負担になります。超音波検査(症例により造影検査も併用)により、シャントの状態を客観的に把握し、治療履歴も考慮したうえで、適切な治療介入を検討いたします。血流低下、拍動、瘤化、静脈圧上昇、シャント肢の浮腫・腫脹等はシャントトラブルのサインです。また、無症状でもトラブルの芽が潜んでいることもあります。健診だけでも結構ですので、お気軽にご相談ください。  

 

2.血管内治療

経皮的血管形成術(PTA)は、細い管の先端に風船(バルーン)のついたカテーテルを血管の中に挿入し、バルーンを膨らませ狭窄部を拡張する方法です。治療時間は平均1時間程度です。閉塞した場合でも、早期であれば、PTAで再開通できる可能性が高いので、ご相談ください。拡張時疼痛の強い患者様には、鎮静下での治療もおこなっております。適応について検討する必要がございますので、受診時にご相談ください(通常治療終了時には覚醒しますが、完全覚醒まで時間を要することもあります。車の運転等はできません)。基本的に日帰りで行っておりますが、入院での治療も可能です。  

 

3.手術

内シャント造設術(自己血管・静脈転移・人工血管等)、動脈表在化、カフ型カテーテル(長期留置型カテーテル)留置などをおこなっています。可能な限り患者様ご自身の静脈をいかしたシャント造設を心がけております。また、そのほかのシャントトラブル(シャント血管瘤、過剰血流シャント等)に対する手術も行っております。

 

シャントのかかりつけ医・専門医として、患者様、透析施設の医療従事者様のお役に立ちたいと考えております。

 

(※)血液透析で脱血・返血に使用する内シャント、カテーテル、表在化動脈などを総称してバスキュラーアクセス(VA)と表現するのが適切ですが、VAの多くがシャントであることもあり、シャントで統一させていただいております。  

 

2020年治療実績

PTA262(閉塞 24)
手術18
  内シャント造設(自己静脈)13(新設 1)
  内シャント造設(静脈転移)1
  内シャント造設(人工血管)3
  シャントバイパス1
カフ型カテーテル留置7

 

血管外科外来

月曜日・木曜日 午前8時30分~11時00分(要予約) 緊急の場合には随時対応いたしますので、直接ご相談ください。

北上済生会病院

血管外科長   山下 洋


医師・スタッフ紹介

職名 血管外科長
氏名 山下 洋
学歴 1997 東北大学医学部卒業
2005 東北大学大学院医学系研究科卒業(医学博士)
職歴 1997-2001 仙台社会保険病院(現JCHO仙台病院) 
2001-2006 東北大学病院 移植再建内視鏡外科(旧第二外科 血管班) 
2006-2007 岩手県立大船渡病院 
2007-2010 ハーバード大学医学部 マサチューセッツ総合病院
2010-2019 岩手県立中部病院 
2019-2020 岩手県立大船渡病院 
2020-    現職
所属学会 日本外科学会、日本血管外科学会、日本脈管学会
専門領域 血管外科
資格 日本外科学会外科指導医・専門医
日本脈管学会専門医
ひとこと 「シャントの何でも屋さん」です。シャントに関して、お気軽にご相談ください。


上に
戻る